診療案内

患者様に選ばれているポイント

  • 患者様の気持ちになり、スタッフ全員が優しく接しております。
  • 自然分娩を基本に熟練した医師・助産師・看護師とともにお母さんと一緒にお産を経験する。
  • 栄養食が栄養豊富でおいしく家庭で作れるものを基本としている。

医院全体が患者様に心掛けていること

  • 医師がお話をわかりやすく助産師・看護師・受付が説明補足する。
  • よりよいお産を目指して個別にお話を聞き、食事などを改善しフォローしています。
  • スタッフ・地域を連携して母子を支援している。

病院食について

特別な材料・特別な調味料ではなく、『身近なもので』『栄養バランス良く』『おいしく』『家庭で作れるもの』を基本とし、おっぱいに良い献立を心がけ院内で下処理から調理しています。悪阻、食物アレルギーの方が切迫早産の長期入院の方には管理栄養士がお話を聞き個別対応をしています。

産科について

当院は基本理念として、自然分娩を推奨しております

もちろん、妊娠中・分娩の経過を見て医師の判断で陣痛を促し、会陰切開を行うこともあります。異常分娩には、必要があれば帝王切開を施行いたします。
そういった、万一の大量出血に備え、血管確保のためのブドウ糖点滴を行なっています。

何か異常が起きても、対応も十分整っておりますが、やはり安全に母子ともに経過する自然分娩に努力しています。
しかし、お産は長い時間がかかるため、ご家族にもぜひご協力をいただきたいものです。自然にまかせるため、早朝や深夜になる可能性はありますが、お時間を調整していただき、ぜひ付き添っていただければと思います。
家族に小さいお子さんや、要介護の方がいるなど難しい場合は、いつでも連絡が取れるご連絡先をうかがいます。どなたかが短時間で来院できる体制をとって、新しい命を一緒に迎えてあげてください。

※前回に他院で帝王切開された方は、妊婦健診は可能ですが、当院での反復帝王切開は致しません。
  ならびに次の分娩も行っておりません。

はじめての出産を経験される方へメッセージ

  • ちゃんと授かったことを幸運に感じ、子供を育てることができることを喜びと受け止めてほしい。
  • 神代の昔から女性はお産を経験してきました。大丈夫!あなたも乗り越えられますよ!

高齢出産の方へメッセージ

  • 高齢ということを気にしすぎずに明るく楽しくマタニティライフを送ろう!
  • 妊娠するその生活・食事など改善できることは積極的に行おう。
  • 高齢妊婦におこりやすい症状をしっかり理解して予防していこう。

妊娠から出産までの流れ

安心して経過視察をする為に

視診、聴診、触診はもとより、胎児に負担のない方法で、成長の様子を診察しています。胎動を感じる頃になると、超音波診察で経過を診ていきます。

また、当院では立体的(3D)に動く様子も診ることができる、4D超音波画像診断装置を導入しています。
モニタリングNST(Non Stress Test)を行い、母体にストレスをかけない状態で胎児の様子を診るテストです。平常時の基本的な数値を知ることで、おなかが張るなど異常が起こったときの、判断基準が明らかになります。このテストは分娩終了時まで母体・胎児を観察するのに重要です。是非受けていただきたいと思います。

入院中の指導について

母子同室指導

母親学級の院長によるお産の話があります。

授乳指導

初回授乳から丁寧に個別にご指導しております。
赤ちゃんの欲しいときに欲しいだけおっぱいをあげてみましょう(自律授乳)。

沐浴

分娩されて2日するとお風呂に入れる練習です。
明日からご自分の赤ちゃんを実際にお風呂に入れ始めます。

退院指導

分娩されて4日目に、明日からおうちで赤ちゃんのお世話がスムーズにできるように復習と予習です。頑張った分娩を振り返り、赤ちゃんとママが力をあわせて1か月健診までのりきれるように、個別にアドバイスしていきます。

退院後の検診について

一週間検診

ご退院されたあと約1週間で来院していただき、今まで通りの授乳方法でよいか、体重の増加と哺乳量はよいかなど、赤ちゃんのチェックポイントを一緒に考え、必要ならば修正を加えていきます。

一カ月検診

いよいよ1か月が過ぎ、ご成長された赤ちゃんとともに来院していただきます。どんなに可愛く大きくなっているか楽しみですね。
まだまだ授乳など不安なこともあります。1か月健診後もどうぞお気軽にお電話でご相談ください。

婦人科について

月経やおりものの異常、性病検査などの婦人科一般を診療致します。
その他にも不妊スクリーニング検査、子宮癌検診や更年期障害(ホルモン補充療法)なども診療しておりますので、ご安心ください。
低用量ピルや排尿障害など、女性のお悩みにはカウンセリングを含め聞かせて頂きます。
まずはご来院くださいませ。

小児科・内科について

院長が赤ちゃんの検診をしています。健診時には母子手帳・助成券を忘れずにお持ちください。
その他にも外来診察なども行っております。お電話でもご相談を受けておりますので、お気軽にお電話ください。

  • インターネット予約はこちら (予約受付18:00まで)
  • 院長のひとことブログ
  • 求人募集